ソーシャルでつながる
新しい音楽ライフ

好きな音楽の共有、新しい音楽の発見。

Twitterでログイン
facebookでログイン
mixiでログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

つぶやき・感想・レビュー

80年代の洗練された感じは影形もないが、6~70年代の垢抜けない、荒々しさの残るロックの熱気を記録しているという点では歴史的な作品だろうと思う。冗長さも感じなくはないが、バンドの煮えたぎる勢いが叩きつけられている作品。全編聞くには相応の覚悟が必要だが、内容は保証するライブ盤の傑作
コメント(0) - 00:22

当時はブラスロックの気鋭としてブンブン言わせていたころなのでとにかくエネルギッシュかつ熱気が滾る、パワフルな演奏で後半に行くにつれて、テンションが高くなるのでよほど気力と体力がある時に聞かないと、ごっそり持っていかれる可能性があるので注意が必要だ。しかしそれゆえに聴き応えはある。
コメント(0) - 00:14

内容は71年4月5~10日のカーネギーホールでの公演のベストテイクを収めているが、ほぼ当時のセットリストを収録した物となっており、全盛期のライヴパフォーマンスを追体験できる構成になっている。通して聞くと実に3時間近くなる中身の濃い演奏をこれでもかと堪能することが可能だ。
コメント(0) - 00:11

・71年発表ライヴ盤。俗に言う「Chicago Ⅳ」に当たるライヴアルバム。当時LP4枚組という超ボリュームにも拘らず、全米アルバムチャートで3位を記録している。05年のリマスター盤は従来の内容にアウトテイク的なボーナスディスクが付属しており、大増補されているのが嬉しい所。
コメント(0) - 00:07

2014.4.15初
1ナイス - コメント(0) - 02月19日

某CD店の試聴機に並べられていたので輸入盤と知りつつも聴いてみたら、一気に高校時代に戻ってしまい、思わず衝動買い。青春時代に胸躍らせたRoxetteサウンドが甦ってます。あまりにも良くて他の輸入盤も買おうとWEB検索しながらの拝聴だったので気もそぞろ。もう1回聴こうっと!
コメント(0) - 02月19日

2015.3.14初
1ナイス - コメント(0) - 02月19日

「遺言」を聴くとグッと来る。天国から歌っているようだ。
コメント(0) - 02月19日

Y.T
☆☆☆☆★
コメント(0) - 02月19日

<10周年>メイヴィス・ステイプルズ11枚目のソロアルバム(2007年)。ジョー・ヘンリーのプロダクションによる南部レジェンドサルページのひとつかとすっかり記憶違いをしていましたが、ライ・クーダー一派のバックアップによる作品。
コメント(0) - 02月19日

きれいなジミヘンがスライストーンのかわりにファミリーストーンを率いているというのがこのところのロバート・ランドルフとファミリーバンドのイメージだが、こちらは出たばかりの新作。元々はゴスペルのように教会で弾くペダルスティール(セイクリッド・スティール)の人という事だった。
コメント(0) - 02月19日

ポップ路線のYESって感じです。悪くないです。
1ナイス - コメント(0) - 02月19日

ログイン新規登録