ソーシャルでつながる
新しい音楽ライフ

好きな音楽の共有、新しい音楽の発見。

Twitterでログイン
facebookでログイン
mixiでログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

つぶやき・感想・レビュー

曲が前のベストと1部被っているが、今作はクリーム時代のナンバーからではなく、ソロになってからの時代のみのスタジオ音源(disc1)とライブ音源(disc2)からのセレクトなのも良かった。特にライブ盤は、前ベストはアンプラグドのみだったので、他の曲も聞けるとは。
コメント(0) - 12:58

2015年発表のベスト。原題は、Forever Man。図書館で借りた。前ベストの『ライフタイム・ベスト』で初めてクラプトンを聞き、今回で2作目。disc1-M9は、教授のNHKの番組のスコラで取り上げた回で知って、漸く聴けた。
コメント(0) - 12:52

・03年発表8thSG。3rdアルバムの先行シングル。それまでのオルタナロックからは打って変わって、ジャジーな質感やストリングスを取り入れたジェントルかつキャバレーな響きの楽曲が立ち並ぶ。シックに猥雑な趣は3rdのサウンドの提示にもなっているか。収録曲はどれもシングル仕様。
コメント(0) - 10:02

合いの手の気持ちいいこと、ジャパニーズ・ブラッドが騒ぎます。ベビーメタルも、結構、合いの手が人気の肝なのかもしれません。
コメント(0) - 07:58

ハードにブギーしていてやっぱりライヴって良いなと思いました!
1ナイス - コメント(0) - 06:36

ハードでカッコいい!
1ナイス - コメント(0) - 06:34

#ikakiiteiru ヴァーグナー「パルジファル」クナ バイロイト 1951年 1幕 にゃう ▼・。・▼ 2:52 2016/06/30 #classical @clamusi @ClassicFan
1ナイス - コメント(0) - 02:52

やっと手に入れた!以前他のレビューで興味を持ち、漸く手に入れる事が出来た〜〜幸宏は何度も聴くことでその良さをより体感できるので、何度もまずは聴いてみようー
2ナイス - コメント(0) - 00:17

80s US HARD CORE stupidsの2nd。キラーメロディ満載の名盤!畳み掛けるリズムのみならず、聴き手を飽きさせない多彩なメロディ!HARD CORE PUNKが好きならば、必聴な1枚www
1ナイス - コメント(0) - 00:00

95年8月アイルランド公演の音源。89年クラブチッタで見たローゼズはほぼレニの独り舞台だった印象だが、このアルバムと武道館で見た時にはレニだけが不在だった。オリジナルメンバーによる20年近くぶりの新曲も素晴らしい出来映え。
2ナイス - コメント(0) - 06月29日

オリンピックが近いということで、ボサノヴァではなくブラジルを代表する作曲家ヴィラ・ロボスのピアノ協奏曲を。意外と正当なつくりで驚きました。
3ナイス - コメント(0) - 06月29日

後期2枚のアルバムが入ったCD。Cockney Rejectsの馬鹿さ加減が最高!なのになんだーこりゃ〜ハードロックじゃねーか!調べたらこの片方のアルバムで解散になって、もう片方で再結成したんだと。パンクじゃねーし、至極つまらん!駄作も駄作だな!
1ナイス - コメント(0) - 06月29日

審美銃良いなあ。サンボマスター大活躍。サンキュー世界もなかなか泣ける。
1ナイス - コメント(0) - 06月29日

★★★★
1ナイス - コメント(0) - 06月29日

★★★★
1ナイス - コメント(0) - 06月29日

カーマイン・アピスとティム・ボガードという強力なリズム隊を擁すればこその安定感!
2ナイス - コメント(0) - 06月29日

この時代のハードロックが一番、染みる~!
3ナイス - コメント(0) - 06月29日

#ikakiiteiru ドヴォルジャーク「ピアノ五重奏曲」リヒテル ボロディンの演奏 にゃう …▼・。・▼ 3:22 2016/06/29 #classical @clamusi @ClassicFan
1ナイス - コメント(0) - 06月29日

そうやってアク抜きした作品だからこそ、吹っ切れた印象もあって、聞き応えのある作品になった。ディスコグラフィの中でも上位の出来かと。なおDVD付きバージョンはミシェル・ゴンドリーなどによるアルバム全曲のMVが収録されています。
2ナイス - コメント(0) - 06月28日

このアルバムを聞く限り、彼にとってロックミュージックという縛りが「不純物」になっており、そこより解き離れた自由な表現こそが本作の軸になっていると感じる。その点では精製されたとも言えるし、より彼の個性がダイレクトに、なおかつポップに表れていると思う。そこにロックは必要なかっただけ。
2ナイス - コメント(0) - 06月28日

ログイン新規登録