ソーシャルでつながる
新しい音楽ライフ

好きな音楽の共有、新しい音楽の発見。

Twitterでログイン
facebookでログイン
mixiでログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

つぶやき・感想・レビュー

<10周年&20周年>カート・エリングの2007年作。本作からコンコードにレーベルを移籍している。とはいえこの時点ではヴォーカライズという基本路線は変わらず。このあと現代ジャズの定石として多ジャンルレパートリーを多用する事になる。
コメント(0) - 14:18

<10周年&20周年>カート・エリングの2作目(1997年)。全盛期ブルーノートへのオマージュを感じさせるジャケットで、シナトラ直系のオーセンティックな声質なのだけれど、既存器楽曲にオリジナル歌詞をつけて歌うなどという事もしている(あえて綺麗に言葉が乗らない感が良い)。
コメント(0) - 14:06

正直言ってあんまり良いCDでは無かった。高かったのに…。驚いたのは松岡君が凄く上手になってる事。上手いわ〜。
コメント(0) - 11:47

初回特典の特製オルゴールサウンドメッセージカード、けっこう音デカい
コメント(0) - 04月28日

キュウソネコカミのカアタリいいですね~。松たか子も参加ですか~。このアルバムシリーズは賞とか取ってるんですかね?それほど出来がいいシリーズです。レキシの曲を紹介する歌番組があってもいいと思います。中高生にはかなり人気になると思うんですが。
1ナイス - コメント(0) - 04月27日

(^^)/ それではみなさん、ごきげんよう。
1ナイス - コメント(0) - 04月27日

さて、今月で聴いたアルバムの登録は終える予定なので、コメントとしてはこれが最後になると思います。来月の閉鎖までにデータのエクスポートを行い、ここ数年の貴重な聴収履歴にさせて戴こうかと思います。誰か、このサイトを基に数段パワーアップしたサイトを作ってくれないかと夢想してますが…。
コメント(0) - 04月27日

井の中の蛙大海を知らず。最近は、『一つのジャンルを極めても、他の世界を知らなければ、それは知らないことと同じなのでは⁈』と思うようになってきました。私の視聴歴に限らず、生活全般に於いても、本サイト閉鎖後はそういった欠落を埋めていくことになるのでしょう。
コメント(0) - 04月27日

ここ数年で最も大きな変化は、敬遠していたクラシック音楽を遂に聴き始めたことでしょうか。いまは各曲の名演/名盤を頭に入れることでこのジャンルを聴く耳を養っているところです。特に弦楽四重奏が好きです。アルバン・ベルクは名演揃いですね。まだまだ聴いていないものがたくさんあります。
コメント(0) - 04月27日

裏ジャケットからの連想と言われればそうなのだが、母なる大河ミシシッピの河縁に寝転びながら聴きたい。先人の遺産から着想した音楽という範囲を超え、ニューオーリンズの歴史物語に耳を傾けている気分になる。
コメント(0) - 04月27日

オーティス・ラッシュの86年来日ライブ。ブレイクダウン+妹尾隆一郎、チャールズ清水らがフォロー。ライブが進行するにつれ、熱気が徐々に膨らんでゆく。ブルースが好きでつくづく良かったと思う。
コメント(0) - 04月26日

原作未読。絡みが多いのが残念で飛ばし聴きしたけど、CDとしてストーリーが良い出来でした。
コメント(0) - 04月25日

素晴らしい歌曲集! 静謐な歌が、すっと心に沁みる。演奏もとても良い。
コメント(0) - 04月25日

ある方の強烈な推薦盤をブックオフで発見。LA&ベイビーフェイスのプロデュースで<ラフェイス>盤といえば分かる人は分かるでしょう。ベイビーフェイスの世界が好きな人は気に入る。個人的には、ヴォーカルにあと少し熱量がほしい。でも、買っても損はない。
コメント(0) - 04月25日

レイ・チャールズ楽団卒。五管編成というスタイルも一緒のせいか、フレーズの端々にレイ感満載。一般的にはこういうオーソドックス・スタイルは人気なさそうだが、リズム&ブルース好きは十分受け入れる。
コメント(0) - 04月25日

歳をとってこの人達の音楽はウディ・アレンの映画みたいな味になってきた。優しいような意地悪なような。情けないような鋭いような。
コメント(0) - 04月24日

sk
静かながら非常によかった。
コメント(0) - 04月24日

4年ぶりの3rdは今までの色調とは違った、どこか内省的な曲調が並んだ。今までの軽快なギターリフもあるにはあるが、どこか暗い。しかしそれでもTDCCはやはりTDCCだった。#3,10はTDCCらしさを踏襲していて、本作は困難を乗り越えるための通過儀礼と考えると次作に期待が高まる。
コメント(0) - 04月23日

<10周年&20周年>2007年の7作目。タイトルに出てくるダンティスボーン・アボッツはグロスタシャーの小村の名前だが、画像検索すると緑地にひっそりたたずむ中世英国風石積み家屋の写真群の中にこのアルバムの鬼畜インナー画像が紛れ込んでいて愕然とする。
コメント(0) - 04月23日

ログイン新規登録