Flowers in the Dirt

'89年発売。ポールのソロはどれも大好きだが特によく聴くのがこれかも。
コメント(0) - 11月06日

Figure Of Eight がカッコいい。リンダも元気だった。。。 http://youtube.googleapis.com/v/dlwLo8txw1k&source=uds&autoplay=1
1ナイス - コメント(0) - 04月16日

1989年9作目 冒頭の「マイ・ブレイヴ・フェイス」の突き抜けたポップさがたまらない。7.「フィギュア・オブ・エイト」もレコードならB面1曲目に相応しいポップで楽しい曲。次の8.「ディス・ワン」も美メロが続く。とにかく聴き所が多いので結局何回も繰り返して聴いてることが多いんだよね
1ナイス - コメント(2) - 03月25日
[03/27 09:17] 雑派
コメントありがとうございます。ホント、ポールのソロでは一番曲の粒が揃ってますね。
[03/26 00:45] Артём Klimenko
買ってしばらくは、あまりのクオリティーの高さに、てっきりベスト盤だと思っていました。

My brave my brave my brave face.
1ナイス - コメント(0) - 10月27日

コステロとの共作が入っているという前知識だけで借りた。ポールのソロは82年のTug of Warまでしか聴いていなかったけど、すげーかっこいいじゃないか…。Firemanでも思ったけど、時代にしっかりついていってるし、それをちゃんと吸収してアウトプットできてるよなぁ。流石としか。
2ナイス - コメント(0) - 11月25日

ログイン新規登録