Heading for Tomorrow

音楽的には初期クイーンからの影響がかなり大きくあると思うが、今の耳で聞くとSOADの演奏っぽくも聴けてしまう不思議。バカと天才は紙一重というか。それくらいに気合の入ったアルバムで聴き応えのある、味わい深い名作だと思う。メタル初心者にもオススメじゃないかと。結構日本人好みの音です。
コメント(0) - 05月01日

90年発表1st。Helloweenを脱退後のカイ・ハンセンが結成したバンド。ドイツのパワーメタル/スピードメタルらしく、ド派手かつ大仰、クラシカルなメロディもあって、メタルファンならド定番の展開がパワフルに演奏される。もはや本気とギャグの境界線スレスレだが、熱量は凄まじくある。
1ナイス - コメント(0) - 05月01日

この音楽を聴いたみんな

ログイン新規登録