Sacrifice

ある意味ダンサブル。でもこの音が励起する「ダンス」は焦点の合わない眼で身体をゆらゆらと揺らし、その影が暗い林に投映されるみたいな類のダンス。ラストの表題曲には長い長い楽器ソロがありますが、これも即興演奏のスリルと昂揚よりも、反復によるダウナーなトリップ感に焦点がある気が。
1ナイス - コメント(0) - 03月19日

久しぶりに通しで。Black Sabbathとおよそ同じ時代の、フォーク調のロックバンド、1st。オルガンやフルートがリフを奏でる牧歌的なロックですが、どこかに呪術的な狂気の気配が。題名からしてよからぬものが明らかに漂う「Come to the Sabbat」は必聴。
1ナイス - コメント(0) - 03月19日

この音楽を聴いたみんな


ログイン新規登録