前作までは非常にクロスオーバー的な硬質な音だったのが、本作では一転して、ジェンキンズの短いリフを繰り返して、独特の浮遊感を音で敷き詰めていくミニマルな演奏が主体となっており、スピリチュアルかつコズミックな響きにバンド独特の翳りが差し込むといったサウンドに仕上がっている。
1ナイス - コメント(0) - 01月12日

ログイン新規登録