そういう点では本盤辺りが非常にプログレらしくあった時期ともいえるが、アプローチがスピリチュアルな陶酔感を押し出したものである為、エクスペリメンタルな電子音楽の世界に卑近しており、この盤のアブストラクトな印象を決定付けている。特に後半のスタジオ録音でその様相は一層強まっている。
1ナイス - コメント(0) - 01月12日

ログイン新規登録