<30周年>19世紀ニカラグアのフィリバスターをエド・ハリスが怪演したアレックス・コックス作品のサウンドトラックは、自身も出演しているジョー・ストラマーによるもの。コックスの音楽的な独立系映画の感性は、昨今のMCU作品に抜擢されて成果を上げている監督たちが感じさせるものに近しい。
コメント(0) - 04月16日

ログイン新規登録